【出産準備】妊娠中に読んでおきたいおすすめの本5選!

この記事では、妊娠から出産までの間に読んでおくと良い本をご紹介します。

どうも、くまの助です!2人の子どものおやじやってます!

 

赤ちゃんができたら、出産までに諸々の準備をしておきたいもの。

とくに、妊娠中の赤ちゃんの様子だったり、赤ちゃんが生まれたときに備えてなにをしたらよいかなど、色々気になりますよね?

そこで、この記事では、赤ちゃんができたら、出産準備のために読んでおくと良い本をご紹介します!

 

以下の本をご紹介します。

 

出産準備はこれ1冊で!【安心マタニティブック】

出産準備のために読んでおきたい本で1番のおすすめは、はじめての妊娠・出産安心マタニティブックです!

おすすめの理由は、

  • 1日ごとの赤ちゃんの成長の様子が細かく書かれている
  • 妊婦が気をつけるべきことが分かりやすくまとまっている
  • ページ構成が少しづつ読みすすめることができる

 

とくにすばらしいのが、本の構成!

妊娠した日を0日目として、1日ごとの赤ちゃんの様子やママが気をつけるべきことなどが書いてあります。

こちらが本書の写真。

安心マタニティブック_ページ

 

赤ちゃんの成長を感じながら、1日1日と少しずつ読み進めることができますね!

全体的に文字もそれほど多くなく、読みやすいです。

くまの助

嫁さんは活字を読むのがあまり好きではないのですが、この本はよく目を通していました。

 

妊娠中のトラブルにとくに詳しい【すべてがわかる妊娠と出産の本】

すべてがわかる妊娠と出産の本は、妊婦に起こりうる問題や、胎児のトラブルなどが網羅的にかなり詳しく載っています。

 

例えば、第2章の「妊娠してからの不安」では、以下のような質問(妊婦が不安に思うこと)とそれに対する著者の回答が載っています。

  • 過去の中絶は妊娠に影響するか?
  • 最初の子を生んでから10週間後に妊娠してしまったが、大丈夫か?
  • 6回目の妊娠だが、なにかリスクはあるのか?
  • 帝王切開は何回できるのか?
  • 肥満だが、赤ちゃんに影響はあるか?
  • 血液検査の結果がRh(-)だったが、赤ちゃんに影響はあるか?
  • シングルマザーで出産が不安
  • 35歳をすぎており、出産が不安
  • ダウン症の検査は受けたほうが良いか?
  • 夫が50歳を超えているが赤ちゃんにリスクはあるのか?
  • 子宮筋腫や子宮内膜症はなにか影響があるか?
  • 子宮頸管無力症の陽性が出てしまい、不安
  • 体外受精で妊娠したが、赤ちゃんは健康に生まれてくるか?
  • 風疹の抗体値が低いと言われたが大丈夫か?
  • B型肝炎のキャリアだが、赤ちゃんに影響はあるか?
  • 標高の高いに所に住んでいるが、悪影響はあるか?
  • 親戚で出産にトラブルがあったが、家計的に大丈夫か?

などなど・・・。

 

詳しいのはいいんですが、あまりにいろんなトラブルが紹介されているので、読んでいて「うちももしかして何か問題があるのでは・・・?」と疑心暗鬼になってしまいます・・・。

本がぶ厚く、文字文字してるので、万が一のトラブルに備えて辞書的に使うのが良さそうです。

くまの助

ぼくも読んだけどあまり精神安定上よろしくなかったですね・・・。嫁さんは上で紹介した安心マタニティブックの方をよく読んでいましたね

 

 

赤ちゃんのトラブルに備えたい【シアーズ博士夫妻のベビーブック】

完全版 シアーズ博士夫妻のベビーブックは、小児科医の夫妻が書いた育児書で、小児医療に関する情報が豊富!

赤ちゃんの発熱やせき、下痢、嘔吐といった症状について、原因や家庭でできる対処法について詳しく書かれています。

 

赤ちゃんってほんと急に高熱が出たり、具合が悪くなったりするので、そんなときに備えて一家に一冊もっておくと安心ですね。

 

赤ちゃんの発育によい働きかけが学べる【赤ちゃん教育】

赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まるは、赤ちゃんに対して、どういう働きかけをすれば良いのかが書かれています。

 

親としては、できれば赤ちゃんの知育に良い接し方を心がけたいもの。

この本は、通称、脳科学おばあちゃんとよばれる久保田カヨ子先生の著書。

生後間もない赤ちゃんから3歳くらいまでの年齢別にどのような接し方をすれば、子どもの脳に良いのかが書かれており、参考になります!

 

赤ちゃんの寝かしつけのセオリーを知っておく!【快眠講座】

カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座は、ジーナ式で知られる赤ちゃんの寝かしつけのノウハウがつまった本!

 

実は、赤ちゃんが生まれたママ・パパの多くは赤ちゃんの寝かしつけに悩まされます・・・。
(うちもそれなりに苦労しました・・・。)

まだ余裕のある妊婦のうちから、寝かしつけのセオリーを知っておくと、あとで役に立ちますよ!

 

このブログでも本書を紹介しています!

 

おすすめの本一覧

というわけで、出産準備に妊婦さんが読んでおきたい本として、以下の本をご紹介しました!

 

上で書いたように、うちのおすすめは「はじめての妊娠・出産安心マタニティブック」ですかね。

それにプラスアルファで、関心がありそうなジャンル(赤ちゃんの病気、知育、寝かしつけ)の本をいくつか読んでおけば、出産の備えとしては十分ではないでしょうか?!