父親の育児参加はメリット大?!実は科学的根拠があるんです

父親と子ども

どうも、くまの助です!

2人の子どものおやじやってます!

 

突然ですが、

みなさん育メンしてますか〜?!
(もしくは、旦那さんは育メンですか〜?)

 

女性の社会進出が叫ばれている今、父親の育児参加は当たり前!

おやじが茶の間でふんぞり返ってる時代は終わったんですよぉぉぉ!

 

・・・とは言え、未だに世の中の奥様方が「夫は全然家事・育児やらない」と不満たらたらの愚痴をこぼしているのを耳にしたりもします。

実際、こないだ見た池上彰さんの番組で、「日本の男性の育児をする時間は世界的に見ても最低レベルである」、みたいな話を聞きました。

 

くまの助

ぼくは日本のパパの平均よりは子育てがんばってます!・・・たぶん平均よりはがんばってると思いますよ!・・・平均よりは上だといいな・・・
とうちゃん、がんばるお〜!!

子ぐま

 

そんなわけで、これからも一層父親の育児参加が求められそうな世の中ですが、どうせ育児をがんばるんなら、「パパががんばるからこそ子どもにいい影響がある」と思いながらやった方がモチベーションも湧きますよね?!

 

というわけで、この記事では、父親が育児参加することのメリットを示す科学的な実験をご紹介します!

 

父親の関わりが子どもを賢くする

父親が子どもにしっかり関わると、子どもにポジティブな影響があることが知られています。

そんな実験をいくつかご紹介!

 

父親が男の子の勉強を見ると効果が高い

父親が子ども(特に男の子)に対して勉強を見ると、子どもの勉強時間が増えたという研究結果があります。

 

この実験は、父親と母親それぞれの関わり方が、どの程度子どもの勉強時間の増加に寄与するかを調べた、というものです。

実験では、親による子どもの勉強に対する関わり方として、

  • 勉強したか確認している
  • 勉強を見ている
  • 勉強する時間を決めて守らせている
  • 勉強するように言っている

の4つに分け、それぞれの効果(子どもの勉強時間)を調べました。

 

その結果は以下の通り。

親の関わりの勉強への効果

 

左のグラフが母親の結果、右のグラフが父親の結果を表しています。

まず、効果が高かったのは、親が子どもにがっつり関わらないといけない「勉強を見ている(Watchs the childr study)」「勉強する時間を決めて守らせている(Makes the child adhere to set study times)」でした。

逆に、単に「勉強しなさいと言う(Tells the child to study)」や「勉強したことを確認している(Confirms that the child studied)はあまり効果がなかったり、場合によっては逆に勉強時間が減ってしまったという結果でした。

 

さらに、男の子に対して父親が「勉強を見ている」の関わり方をした場合が、1番勉強時間が増加したのです!これは、母親のどんな関わり方よりも高い効果を出しています。

一方、女の子に対しては、母親が「勉強する時間を決めて守らせている」の関わり方をした場合が1番効果がありました。

くまの助

なるほど、うちは男の子なんで、ぼくががっつり勉強を見るようにするべきってことですね

 

ちなみに、こちらの論文は、「学力」の経済学という本の著者である中室氏らが書いたもの。学力の経済学でもこちらの実験が紹介されています。

 

父親が子どもと関わるほど認知能力や言語能力が高く、情緒的に安定する

メリーランド大学のNatasha Cabreraらが行った実験によれば、父親の子どもへの関わりが強いほど、子ども情緒に関するスコアや認知能力に関するスコアが高かった、ということが報告されています。

 

父親が子どもと関わるほどチャレンジ精神が増す

モントリオール大学のDaniel Paquetteの研究によれば、幼児時代に父親と活発な遊びをした子どもほど、不慣れな環境でも果敢に挑戦する傾向が見られた、とのことです。

 

父親と多く時間を過ごした子どもはIQが高い

1958年に生まれた11,000人のイギリス人男女を追跡調査した実験によれば、父親と多く時間を過ごした子どもは、11歳時点でのIQが高く、42歳時点での社会的地位が高かったそうです。

 

くまの助

パパが子どもに関わるからこそのメリットはたくさんあるんですね!

 

父親の育児参加によって子どもの環境が良くなる

ちょっと間接的になりますが、父親の家庭への関わりが、子どもの環境を良くする(あるいは悪くする)という例もご紹介します!

 

夫婦げんかをすると子どもの脳に悪影響を与える

Nicholas D. Walshらの研究によれば、夫婦げんかなど子ども時代の逆境が、子どもの小脳の灰白質が減少させるそうです。

要は、夫婦げんかを頻繁に見せられるなどの幼少期の辛い経験が、子どもの脳を変形させてしまうという恐ろしい話ですね・・・。

なお、小脳の灰白質の減少は、情動障害、統合失調症、自閉症などの発症に関連するそうです。

 

母親が父親を信頼しているほど、子供が問題行動起こしにくくなる

国立精神・神経センターの菅原ますみらが行った研究によれば、対象児童約400名について11年間の追跡調査を行ったところ、良好な父親の養育態度や母親の父親に対する信頼感などが良好であるほど、10歳時の子どもの問題行動が起こりにくかったそうです。

 

くまの助

夫婦げんかを減らしたり、ママの信頼を勝ち取るためには、パパが家事・育児をそつなくこなして、ママにストレスをかけないのが理想ですね。

 

まとめ:父親の育児参加はメリットが大きい!

というわけで、父親が育児に関わることのメリットをご紹介しました!

パパが子どもと関わることで、子どもの認知能力が高くなったり情緒が安定したりするし、さらに家庭環境も良くなるしで、まさにいいことずくめってことですね!

 

なので、パパは家庭に全力コミットするべき

 

パパが家事や育児に関わることで、ママのストレスが軽減されて夫婦げんかは減るでしょうし、ママからより頼りにされるでしょう。

そして、しっかり時間をとって子どもと遊ぶようにする。そうすれば、きっと子どもの知性や社会性はぐんぐん育っていくでしょう!

 

くまの助

賢い子に育てるためには、パパががっつり育児に関わることは大事ですね!ぼくもがんばろう!