日航アリビラに子連れで宿泊!【沖縄旅行記2019】

日航アリビラ_外観

2019年3月に沖縄のホテル日航アリビラに子ども(2歳と0歳)を連れて家族で3泊しました!

日航アリビラは、沖縄北部の読谷村にあり、かなり評判のホテル。

 

この記事では、ホテル日航アリビラの子連れ観点でのレビューや、周辺のスポットについてご紹介します!

くまの助

約2年ぶりの沖縄旅行!今回は奮発して日航アリビラに泊まりましたYO!
おきなわ、たのしかったお!

子ぐま

 

日航アリビラに宿泊してみて、子連れにうれしいなと思ったポイントです。

  • ホテルの売店でオムツや離乳食などが一通り揃う
  • 3つのレストランから選べる朝食バイキング
  • ホテルからプール、ビーチへ直結
  • 子連れでも楽しめるアクティビティ

 

日航アリビラの子連れにうれしいポイント!

沖縄のメジャーなホテルは大体どこも子連れに優しいのですが、日航アリビラも例外なくすばらしい!

しかも、ホテルはスペイン風で超おしゃれ!
大人もテンションだだ上がりです(笑)

ホテルエントランス

日航アリビラ_外観

 

プール

日航アリビラ_屋外プール

 

以下、子連れファミリーが気になりそうな点について、日航アリビラではどうだったのかをまとめました!

 

ホテルの売店で赤ちゃん用品(オムツや離乳食など)が一通り揃う!

子連れのファミリーにとって、赤ちゃん用のグッズが現地で手に入るか気になるもの。

オムツとか離乳食とかって、荷物でかさばるし、もし足りなくなったときに心配になるんですよね。

 

日航アリビラでは、売店にひと通りの赤ちゃん用品が揃ってます!

こちらが売店の外観。

日航アリビラ_売店の外観

 

赤ちゃん用品のコーナーはこんなかんじです。

日航アリビラ_赤ちゃん用品

 

売店で手に入る赤ちゃん用品としては、

  • オムツ(少量に小分けされたもの)
  • ミルク
  • 離乳食
  • 哺乳瓶
  • 洗浄用具
  • 水着用オムツ

など。

あと、水着やアロハシャツなんかも子ども用のサイズがあって、品揃えばっちり!

これなら現地調達で十分まかなえますね!




 

日航アリビラ内の3つのレストランから選べる朝食バイキング!

日航アリビラの朝食付きプランでは、朝食を

  • HANA HANA: 和食・洋食ビュッフェ
  • 佐和: 和食+こめ食バイキング
  • Verdemar: 洋食ビュッフェ

の3つのレストランから好きに選ぶことができます!

長期滞在でも飽きさせない工夫が素晴らしいですね!

 

HANA HANAと佐和では、おかゆの用意もあるので、離乳食が食べれる赤ちゃんに食べさせることができます。

うちの下の子(7ヶ月)には、朝ごはんにビュッフェのおかゆを食べさせてました。

 

今回の滞在では、HANA HANAに2回、佐和に1回行きました。

HANA HANAでは、和食と洋食のビュッフェがそれぞれあり、種類がすごく豊富!

日航アリビラ_HANA_HANA

沖縄料理のあるし、パンなんかもかなりの種類があって、毎日HANA HANAでも飽きが来ないくらいです。

 

佐和は和食のレストランで、より上品な雰囲気。

通常のお膳か、もしくは+500円で沖縄料理のお膳(ぬちぐすい御膳)を選んで、あとはこめ食バイキングでご飯ものやデザートなどを好きに取る、という形式です。

日航アリビラ_佐和

ちょっと奮発してぬちぐすい御膳にしましたが、いろんな種類の沖縄の料理や食材を味わうことができ大満足!

和食なら佐和のほうが洗練されてておいしいです。

 

ちなみに、晩ごはんもホテル内で食べたい場合は事前に予約しておくのがおすすめです。(夕食なしのプランで宿泊している場合)

とくに週末は席が埋まって入れない場合があるとホテルの人が言っていました。

以下に、日航アリビラに入っているレストランを挙げておきますので、予約はリンク先からどうぞ!

 

ベビーカーやベッドガードの貸し出しあり

日航アリビラの公式サイトによれば、ベビーカーやベッドガードの貸し出しもあるそうです。

今回われわれは利用しなかったのですが、これも子連れにはうれしいサービスですね!

 

お部屋はオーシャンビューで素晴らしかったです!

内装もおしゃれ!

日航アリビラ_部屋

 

ちなみに、今回は子ども用のベッドは無しで予約したので、ベッドを2つくっつけて、ぼくと嫁さんが両サイドに寝て、子ども2人が落ちないようにする、というかんじにしてました(笑)

 

ホテルからプール、ビーチへ直結!

下は部屋から撮った写真ですが、プールがあり、さらにホテルの目の前は白い砂浜のビーチ!

日航アリビラ_窓からの景色

 

赤ちゃんを連れていると長時間外にいられないので、ホテルからビーチへ直結のロケーションはありがたいですね。

 

部屋から出てひと泳ぎ、疲れた部屋に戻ってひと休み、なんてこともできます(笑)

これぞリゾートホテル!

 

また、日航アリビラでは、屋外プールに加えて室内の温水プール(リラクゼーションプール)もあるので、天候の悪い日などは屋内プールで楽しめます!

今回われわれが行ったのは3月で寒い時期だったので(加えて滞在中ずっと雨だったので・・・)、屋内プールを利用しました。

屋内プールでは利用料金が必要でして、1回1,030円(小学生520円)

ホテルのチェックインのときにもらえる、アクティビティ20%引きのクーポンをつかえば、824円です。

小学生未満の子どもは無料。

屋内プールは、それほど広さはありませんが、温水で温かいので、子連れにはちょうどいいです。

子ども用の浮き輪(腕にはめるタイプ)も使えます。

 

子連れでも楽しめるアクティビティ

ホテルと提携しているアクティビティが豊富なのも日航アリビラのすばらしいところ!

とくに、マリンアクティビティが充実しており、シュノーケリングやジェットスキーなど色々揃っています。

 

マリンアクティビティの申込みや予約は、ホテルからビーチ沿いに歩いて2,3分ほどのところにある、「MARINE HOUSE(マリーン・ハウス)」で受け付けています。

日航アリビラ_マリーンハウス

潮の満ち引きや天候などで、利用できるアクティビティが変わってくるので、事前に連絡するのが無難です。(ホテルの内線から連絡できます)

 

今回われわれが利用したのは、「ペダルボート」

日航アリビラ_ペダルボート

とくに年齢制限はなく、赤ちゃん連れでも大丈夫です。

ぼくは7ヶ月の息子を抱っこひもに入れたまま、ペダルをこぎました(笑)

 

もう一つ、われわれがやったアクティビティが、乗馬です。

ホテルから徒歩10分くらいにある「おきなわ乗馬クラブ」で、乗馬体験ができます!

こんなかんじで厩舎に馬がつながれており、さわらせてもらうことができました。

今回は、嫁さんと上の子(2歳)の2人で馬に乗って、海沿いを歩く5分程度のコース(2160円)にしました。

沖縄の海をバックに撮影!

日航アリビラ_乗馬

いい旅の思い出になりました!



 

まとめ

というわけで、ホテル日航アリビラの子連れにうれしいポイントをご紹介しました!

  • ホテルの売店でオムツや離乳食などが一通り揃う
  • 3つのレストランから選べる朝食バイキング
  • ホテルからプール、ビーチへ直結
  • 子連れでも楽しめるアクティビティ

 

滞在中はずっと天気が悪かったのですが、ホテルの中や周辺でたのしく快適に過ごすことができました!

くまの助

ホテルの雰囲気がすばらしく、最高でした!
こんどはなつにいきたいお〜!

子ぐま

 

ちなみに、今回の沖縄旅行は、楽天のANA楽パック(航空券+宿泊)で家族4人で122,800円でした!

内訳は、

  • 航空券(羽田・那覇空港の往復)
  • レンタカー(チャイルドシート2つ)
  • 日航アリビラ3泊(朝食付き)

なので、そこそこお安く行けたかなぁと思います。

まあ、子ども2人はカウントせず、大人2人の料金で、且つオフシーズンの3月だからこそのお値段なんですけどね(笑)

 

沖縄は子連れのファミリーにおすすめの旅行先なので、是非機会があれば行ってみてはいかがでしょうか?!

>>楽天トラベルのANA楽パック(航空券+宿泊) 沖縄

 

なお、日航アリビラの周辺の飲食店について、「沖縄の日航アリビラに宿泊!周辺で食事ができるお店3選+1」で紹介しています!