【国際バカロレア】東京在住の方が通えるIB認定私立・国公立校

どうも、クマの助です!2児の父親として、日々子ども教育の情報を漁っています(笑)

 

最近私が気になって色々調べているのが、「国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)」!

世界で通用する人材を育成するための教育プログラムとして、国際バカロレア(IB)が注目されているのです。

そのため、国際バカロレアに対応したコースを提供している中学や高校に子供を通わせたいと考えているご家庭も多いのではないでしょうか!?

 

しかし、国際バカロレアのコースを提供している学校の多くはインターナショナルスクールであり、インターナショナルスクールは年間200万円以上の学費がかかるため、それだけの教育費を捻出できる経済的余裕のあるご家庭は限られていると思います。
(少なくとも、うちは無理そう・・・。)

 

そこで、東京都内在住の方が通え、且つ国際バカロレアに対応したコースを提供している1条校(要は日本の普通の私立、国公立校)を調べてみましたので、ご紹介したいと思います!

注意
なお、本記事は、2018年時点での情報になりますので、情報が古い可能性があります。
また、情報の正確性については保証しませんので、必ず各学校のオフィシャルサイト等をご確認ください。

 

東京都23区内にある国際バカロレア対応の私立・国公立校

まず、東京都23区内にある国際バカロレア対応の学校をご紹介します。

特筆すべきは、全国的にも数が少ない国公立のIB認定校が都内に2校もあるということです!

 

東京都立国際高等学校

東京都立国際高等学校では、2015年から国際バカロレアコースを開設しています。

日本の公立高校で国際バカロレア・ディプロマプログラム認定校となったのは、こちらの学校が初めてだそう。

アクセスとしては、京王井の頭線の「駒場東大前駅」から徒歩5分なので、まさに都心にある高校ですね。

基本情報は以下の通りです。

  • 学校名:東京都立国際高等学校
  • 学校種別:公立高校
  • 所在地:東京都目黒区駒場2-19-59
  • アクセス:京王井の頭線 駒場東大前駅西口から徒歩5分
  • 国際バカロレア:DP
  • 学費の目安:20万円〜30万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:http://www.kokusai-h.metro.tokyo.jp/index.html

東京学芸大学附属国際中等教育学校

東京学芸大学附属国際中等教育学校(TGUISS)は国立ですが、MYPとDPのコースを提供しています。

インターナショナルスクール以外でMYPとDPの両方を提供している学校は日本でも数が少なく、しかも国立校なので、非常に稀有な存在と言えるでしょう。

アクセスとしては、西武池袋線「大泉学園」駅から徒歩8分になります。

基本情報は以下の通りです。

  • 学校名:東京学芸大学附属国際中等教育学校
  • 学校種別:国立中学校・高校
  • 所在地:東京都練馬区東大泉5-22-1
  • アクセス:西武池袋線「大泉学園」駅下車、徒歩8分
  • 国際バカロレア:MYP、DP
  • 学費の目安:12万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:http://www.iss.oizumi.u-gakugei.ac.jp

武蔵野大学附属千代田高等学院

次に紹介するのが、2018年からIBコース(国際バカロレア)を開設したばかりの、武蔵野大学附属千代田高等学院です。

こちらの学校は、千代田区の番町エリアという都心のど真ん中の立地であるため、JRや半蔵門線、有楽町線などの駅がいくつも付近にあり、通学のためのアクセスは極めて良好です。

以下が学校の概要です。

  • 学校名:武蔵野大学附属千代田高等学院
  • 学校種別:私立高校
  • 所在地:東京都千代田区四番町11番地
  • アクセス:「市ヶ谷駅」徒歩7~8分、「四ッ谷駅」徒歩7~8分、「半蔵門駅」徒歩5分、「麹町駅」徒歩5分
  • 国際バカロレア:DP
  • 学費の目安:70万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:https://www.chiyoda.ed.jp

東京都市部にある国際バカロレア対応の私立・国公立校

東京の23区外にある国際バカロレア対応の学校は以下のようです。

なお、将来的にバカロレア対応のコースを提供予定の開校前の学校も含めています。

玉川学園

玉川学園は2009年にMYP、2010年にDPの認定を取得しており、日本の学校の中ではかなり初期からIB教育を行っています。

学校の所在地は少し郊外になりますが、駅からのアクセスは良好です。

玉川学園の基本情報は以下の通りです。

  • 学校名:玉川学園
  • 学校種別:私立中学校・私立高校
  • 所在地:東京都町田市玉川学園6-1-1
  • アクセス:小田急線「玉川学園前」駅北口より徒歩3分
  • 国際バカロレア:MYP、DP
  • 学費の目安:170万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:http://www.tamagawa.jp/academy/

桜美林学園義務教育学校

桜美林学園は、小中一貫の義務教育学校施設の整備を計画しており、2021年度に開校を予定しているとのことです。
桜美林学園 小中一貫校設立へ

まだ、同校では国際バカロレアの導入を予定しているとのことです。

  • 学校名:桜美林学園義務教育学校
  • 学校種別:私立小学校・中学校
  • 所在地:東京都多摩市立図書館本館(旧西落合中学校跡地)
  • 国際バカロレア:未定
  • オフィシャルサイト:なし

東京都近郊にある国際バカロレア対応の私立・国公立校

神奈川県や埼玉県にも国際バカロレアの教育プログラムを提供する学校はいくつかあり、都内からも通学可能です。

また、すでに国際バカロレアの候補校になっており、近い将来IBプログラムを提供予定の学校もいくつかあるので、そのあたりもご紹介します!

 

法政大学国際高等学校

2018年に「法政大学女子高等学校」から「法政大学国際高等学校」に改称すると共に、男女共学になりました。

この学校では、2018年4月から定員20名程度のIBコースを新たに設置しており、入学2年目からIBDPを英語と日本語の2か国語(Dual Language)により実施するとのことです。

学校へのアクセスは、京急線の「生麦駅」から徒歩5分ということで、都内からも非常に通いやすいですね。

基本情報は以下の通りです。

  • 学校名:法政大学国際高等学校
  • 学校種別:私立高校
  • 所在地:神奈川県横浜市鶴見区岸谷1-13-1
  • アクセス:京急線の「生麦駅」から徒歩5分
  • 国際バカロレア:DP
  • 学費の目安:90万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:https://kokusai-high.ws.hosei.ac.jp

 

昌平中学校

昌平中学校は、2017年に埼玉県では初めて国際バカロレアのMYP(中等教育プログラム)の認定校になりました。

さらに、昌平高等学校は国際バカロレアのDPの候補校となっており、2019年度よりDPカリキュラムを開始予定とのことです。

最寄り駅から通学バスも運行しており、都内からの通学も可能です。

  • 学校名:昌平中学校
  • 学校種別:私立中学校
  • 所在地:埼玉県北葛飾郡杉戸町下野851
  • アクセス:東武日光線 杉戸高野台駅西口から徒歩15分、JR宇都宮線・東武伊勢崎線 久喜駅東口から直通バス15分
  • 国際バカロレア:MYP
  • 学費の目安:60万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:http://www.shohei.sugito.saitama.jp/contents/jhs/

 

筑波大学附属坂戸高等学校

筑波大学附属坂戸高等学校では、平成30年度から高校2~3年生を対象とした国際バカロレアのDPプログラムを導入しました。

筑波大学附属なので茨城県かと思っていましたが、場所は埼玉県の坂戸市にあります。

都内からもお住まいの場所によっては通学も可能でしょう。

  • 学校名:筑波大学附属坂戸高等学校
  • 学校種別:国立高校
  • 所在地:埼玉県坂戸市千代田一丁目24番1号
  • アクセス:東武東上線「若葉駅」東口出口より徒歩7分
  • 国際バカロレア:DP
  • 学費の目安:12万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:http://www.sakado-s.tsukuba.ac.jp

 

神奈川県立横浜国際高等学校

神奈川県立横浜国際高等学校では、平成31年(2019年)に国際バカロレアコース(DP)開設に向けて準備しているとのことです。
(ソースは「国際バカロレアコース(仮称)について」(PDF))

  • 学校名:神奈川県立横浜国際高等学校
  • 学校種別:公立高校
  • 所在地:神奈川県横浜市南区六ツ川1-731
  • アクセス:京浜急行「弘明寺駅」より徒歩20分
  • 国際バカロレア:DP(2019年度開設予定)
  • 学費の目安:12万円/年(入学金などの一時費用を除く)
  • オフィシャルサイト:http://www.yokohamakokusai-h.pen-kanagawa.ed.jp

 

さいたま市立大宮国際中等教育学校

さいたま市立大宮西高等学校を母体として、2019年度に新たに中学校の開校が予定されており、さいたま市立大宮国際中等教育学校という学校名になるとのことです。

その際にMYP対応コースを開設する予定とのことです。

すでに説明会が何回か開かれておりますが、常に満員の状態だとか!

  • 学校名:さいたま市立大宮国際中等教育学校
  • 学校種別:私立中学校
  • 所在地:埼玉県さいたま市大宮区三橋4-96
  • 国際バカロレア:MYP(2019年度開設予定)
  • オフィシャルサイト:http://www.city-saitama.ed.jp/ohmiyakokusai-h/

 

三浦学苑高等学校

三浦学苑高等学校は、すでに国際バカロレアのディプロマの候補校に選ばれており、2020年度からの開設を予定しているとのことです。
(ソース 国際バカロレア候補に横須賀2校 海外の大学進学へ道

アクセスは、JR横須賀線「衣笠駅」から徒歩5分ということで、駅チカです。

  • 学校名:
  • 所在地:神奈川県横須賀市衣笠栄町3-80
  • アクセス:JR横須賀線「衣笠駅」から徒歩5分
  • 国際バカロレア:DP(2020年度開設予定)
  • オフィシャルサイト:http://www.miura.ed.jp/sp/index.html

 

まとめ:都内から通えるIB対応の私立・国公立校の選択肢はそれなりにある!

というわけで、現時点で、東京から通えそうな国際バカロレアの認定校・候補校の数は以下のようでした。

  • 東京23区内:3校
  • 東京市部:1校(+開設予定1校)
  • 東京都外:3校(+開設予定3校)
さらに、今回は紹介しませんでしたが、都心部を中心にIBプログラムを提供するインターナショナルスクールが複数あり、それらも含めると選択肢は非常に豊富ですね。

 

今後もさらに選択肢が広がってほしいなと思います。

 

なお、「国際バカロレア認定校の学費は?インター、私立、公立の6事例を紹介」で、
国際バカロレアの認定校のうち、インターナショナルスクール、私立校、国公立校の学費を調べてみました。

是非参考にしてみてください!

 

オンラインで通えるインターナショナルスクールがあった!

国際バカロレアの認定校の中にはインターナショナルスクールが多く入っており、国際バカロレアとあわせてインターも検討している方も多いのではないでしょうか?

 

実は、Global Step Academyという、オンラインのインターナショナルスクールがあります。

 

このオンラインスクールの画期的な点は、日本の義務教育を受けながらインターナショナルスクールのプログラムを受けることができる点!
(バカロレアの認定校ではないですが)

さらに、ネイティブ講師がレッスンを担当するので、子どもの英語力向上も見込めます。

 

「インターには興味あるけど高いし通わせるのはちょっと・・・」という方にぴったり!

1ヶ月無料体験があるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

>>Global Step Academyの1ヶ月無料体験はこちら